ようこそ!NPO法人 風和へ


風和の外観

 NPO法人 風和は、地域福祉の向上推進を目的とする非営利活動法人です。

 地域で子どもからお年寄りまで誰もがいきいきできて気軽に集える居場所として2002年に風和がオープンしました。2003年より介護保険の通所介護事業を行っています。

 だれもが「自分を表現すること」で自分らしく豊かにくらし、コミュニケーションが広がっていく、そんな風和をめざします。どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

2020年

10月

18日

ついたち市 11月1日

鎮守の森 ついたち市 2020年11月1日

 とき:令和2年 11月1日(日) 10時~13時頃

 

 ところ:波々伯部神社

 

【出店者】

拓屋(レゴ、富有柿)、あまびえ屋(あまびえグッズ他)、ドングリ(手作りシール他)KoALaMode(ハンドメイド雑貨とアクセサリー)、ひつじ雲(手作り雑貨)、

ひなたや(手編みカゴ他)、風和(マスク、黒豆みそ)、空猫堂.(まるいの&まめりんバック他)、自然堂(古民具)

 

秋月堂(焼き菓子等)、めぶき農房(お豆さん)、HIkoOki(手作りパン)、

日本茶Tan-te(お茶会)、cafe Fine(クレープ)Sun Rice Kitchen(お弁当)

 

 

家庭文庫ぴっち(読書コーナー)、など。

 

 

続きを読む 0 コメント

2020年

10月

18日

風和通信211号

鎮守の森 ついたち市

今年唯一のついたち市を開催します。子どもからお年寄りまで、だれもが平和で幸せなひとときをすごしましょう。鎮守の森、波々伯部神社は古来より、疫病を鎮める神さまとして、人々から尊ばれてきました。新型コロナの一日も早い終息を共に祈りましょう

続きを読む 0 コメント

2020年

9月

17日

風和通信210号

志村ふくみ展にて  向井千尋

8月の終わり、姫路市美術館で行われていた「志村ふくみ展 いのちを織る」を鑑賞しました。志村ふくみさんは大正13年生まれ、日本を代表する染織家です。30歳を過ぎられたころから染織を初め、それ以来数々の作品を生み出されてきました。志村さんの作品のすばらしさは、農家で捨てられる運命のまゆを材料として、自然の染料で糸を染め、日常着である紬(つむぎ)を、独自の世界観で織り、芸術としての評価まで高められる作品を創造されている女性です。

続きを読む 0 コメント
ささやま里ぐらしステイ

Twitter