風和通信125号 2013年7月

ささやま里ぐらしSTAY2012夏
ささやま里ぐらしSTAY2012夏

子どもたちに放射能ひばくのない暮らしを

ささやま里ぐらしSTAY2013夏


 今年も原発事故による放射能汚染の中で暮らす親子のための保養プログラムを実施します。事故から3年目の夏休みを迎えようとしていますが、今なお広い地域で放射能汚染は続いています。

 

 特に夏休みに子どもたちが遊びに行きたい山や川や海が放射能に汚染されたままです。子どもたちに自然の中で遊ぶ機会を、お母さんお父さんがほっと一息つける場をつくります。

 

 ひとりでも多くの子どもが、1日でも長く放射能ひばくのない暮らしができるために、ご支援をお願いします。食材や資金のご寄付やボランティアを募集しています。詳しくはお問合せ下さい。

 

 日時 2013年8月6日(火)〜10日(土)

 場所 龍蔵寺 丹波の家・風の家(社会福祉法人水仙福祉会)

 ※突然の訪問は活動の妨げとなります。事前にご相談下さい。

 

 この事業は、赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の支援を受けています。

続きは・・・

下の紙面をクリックすると拡大してごらんいただけます。

ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ぜひご覧ください。

風和通信125号おもて面
クリックで拡大
風和通信125号うら面

風和通信125号PDF版
←クリックでダウンロード
Fpaper125.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

ささやま里ぐらしステイ

Twitter