風和通信148号

自分らしくありつづけたい

向井千尋

 少し難しい言葉ですが、私たちが心身共に健康を維持するためにはADL=日常生活動作を維持すること、そしてQOL=クオリティ・オブ・ライフ=生活の質の向上をめざすことが大切です。またそれは風和での介護の基本でもあります。

 風和のデイサービスでは看護師による健康チェック(体温や血圧測定)、体調の変化の確認からはじまり、転倒予防のための体操や「個別機能訓練」を行っています。

 

 また、最も大切なことは、お一人おひとりの今の生活や今までの人生の中で大切にされてきたことを大事にしながら、それを原動力として自分らしくありつづけることです。

 「一代生きていこ思ったら、あんた、そりゃたいてやないで・・」としみじみ話されることこさん(98歳)。大先輩の人生のあゆみに心を寄せ、その深い心に私自身が救われるくらしです。

もくじ

1 自分らしくありつづけたい   向井千尋
2 7月の予定    
3 ふるさとの味ノート   熊谷 喜美子
4 笑顔つながるささやまステイのお知らせ    
5 ご支援ありがとうございます    
6 ふうわなくらし80    

ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ぜひご覧ください。

風和通信148号PDF版
Fpaper148.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 893.4 KB
ささやま里ぐらしステイ

Twitter