風和通信151号

カラオケで結ぶ絆

上田和夫

 

 カラオケセット持参で風和へお伺いしたのは4月でした。それ以来毎月第1月曜日がカラオケの日として定着する様になりました。

 私を含めて歳をとると声が出なくなり、昔懐かしい歌のカラオケも、高音部になると突然声が裏返ったり、1オクターブ下がったり、リズムが合わなかったりして、どんなに好きな歌でも人前で歌うなんてことはとんでもないと思っていました。

 ところがここでは皆さん安心して歌えるのか、次々とリクエストがかかって来ます。そしてみんなで一緒に歌います。マイクを向けると手を振ってよける方でも、昔懐かしい童謡・唱歌を一緒に口ずさんでおられて、その歌が流行った頃の自分の暮らしを振り返りながら、部屋全体が独特の「うたごえホール」に変身するのです。

 初めはデイサービスのお手伝いのつもりでしたが、同じ世代の皆さんと同じ空間を共有する事を通して、いつの間にか私自身の「癒し」につながっている事に気が付きました。いつまで続けられるか、カラオケで結ばれた風和の皆さんとの絆を大切にしたいと思っています。

おはぎ
おはぎ

もくじ(タイトルが記事にリンクしています。)

カラオケで結ぶ絆
  上田和夫
10月の予定    
幸せな認知症   大月 傑
チームケア   横山幹史
ふうわなくらし83   向井千尋

紙面は下の画像をクリックすると拡大してごらんいただけます。

ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ぜひご覧ください。

風和通信150号おもて面
クリックで拡大
風和通信150号うら面

風和通信151号PDF版
←クリックでダウンロード
Fpaper151.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB
ささやま里ぐらしステイ

Twitter