風和通信158号

もっと地域密着

大月 傑

 

 4月から風和のデイサービスが「地域密着型通所介護」になりました。これまでも心がけて来た地域に密着した運営には変わりないのですが、介護保険制度の改正で、監督する役所が兵庫県から篠山市に変わったのです。より住民に身近な市役所の裁量で、制度やその運用のあり方を決めて、地域の実情に合ったデイサービス(小規模)をつくって行こうと言う事です。

 来年度からは、要支援の方の介護予防デイサービスが篠山市独自のメニューに移ります。これまでの要支援の方はもちろん、篠山市独自の方法でそれぞれの方に合った介護予防デイサービスを利用できるようになります。事業者も行政も住民も、地域のことをみんなで考えて、みんなで支えていこうという時代になっています。 

 

 ご利用者の声を第一に、ご家族と地域のみなさまの声を聞いて、もっと地域に密着したデイサービスとなるよう努力していきます。ぜひお気軽にご意見をお聞かせ下さい。今後ともどうぞよろしくお願いします。

畑のエンドウの写真
畑のエンドウ

もくじ

もっと地域密着   大月 傑
6月の予定    
今月の写真    
ともに暮らす仲間   横山幹史
異動のお知らせ    
福島の今を伝えるお話し会    
ご支援ありがとうございます    
ふうわなくらし90    

紙面は下の画像をクリックすると拡大してごらんいただけます。

ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ぜひご覧ください。

風和通信158号おもて面
クリックで拡大
風和通信158号うら面
クリックで拡大

風和通信158号PDF版
←クリックでダウンロード
Fpaper158.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.7 MB
ささやま里ぐらしステイ

Twitter