2017年

4月

01日

風和通信168号

百歳の大往生

向井千尋

 

 大正生まれのみちこさんは、ご主人を戦争でなくされた後、家業を守り、得意だったお裁縫を教えたりしながら生計を立て、子どもを育て、激動の大正、昭和、平成を生き抜いて来られました。その道は、私ごときの想像には及ばない壮絶な人生であったとことと思われます。風和に通ってこられるよしえさんもみちこさんのお裁縫の生徒さんだったらしく、「私のお嫁入りの着物もみちこ先生に作ってもらったんですよ。まさか、ここで(風和で)再会できるなんて夢のようです。」と言われていました。

 お裁縫が上手で、こころやさしく、いつも静かで謙虚なみちこさんでした。そんなみちこさんの百歳のお誕生日を先日、風和の皆でお祝いしたばかりでした。みんな長寿を「あやかりたいなあ!」と話していました。その後、厳しい今冬、風邪をこじらせで2週間ほど入院されましたが、無事退院されてほっとしていた矢先、梅の花が咲き始めた弥生、ふいに突然のように旅立たれました。愛する家族とともに在宅での最期でした。お別れはとてもさみしいですが、すばらしい大往生の百歳。いのちはめぐる、みちこさんのいのちと共に在ったこと、これからも共に在ることを想う桜の季節です。

百歳のお誕生日


もくじ

百歳の大往生   向井千尋
4月の予定    
29年度賛助会費のお願い    
共にいるひと   松浦美世
お知らせ    
ご支援ありがとうございます    
ふうわなくらし100   大月 傑

紙面は下の画像をクリックすると拡大してごらんいただけます。

ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ぜひご覧ください。

風和通信168号おもて面
クリックで拡大
風和通信168号うら面
クリックで拡大

風和通信168号PDF版
←クリックでダウンロード
Fpaper168.PDF
Adobe Acrobat ドキュメント 974.9 KB
ささやま里ぐらしステイ

Twitter