風和通信153号

私が笑ったら夫も笑う

向井千尋

 

 「私が笑ったら夫も笑うんです。」そうお話しして下さったのは認知症のご主人を介護されているよし子さん(仮名)「最近はテレビを観ても理解できなくなっているようで歌番組や幼児向け番組を好みます。ある時、落語を観ていた私が笑うと夫も一緒に笑うんですよ。たぶん落語の意味は分かってないのでしょうが、私が笑うと夫も笑うんです。それに私がイライラするとそれ以上に夫も機嫌が悪くなります。」そんな日常をとつとつとお話しして下さるよし子さんにジーンときたり温かい気持ちになったりしました。

 「はじめの頃は(認知症を発症した)夫の言動が理解できず情けないやら悲しいやらで、もうどうしたらいいのかわからなく本当に困り果てました。でも最近ではそんな不可思議な言動も笑ってすごしています。ある閉店セールの案内が届いた折、その文面が気になったのか延々とその案内を読んでおりました。その間に私が畑仕事を済ませ戻ってもまだ同じことをしていました。そんな奇妙な夫の姿も笑って過ごせるようになりました。」


 よし子さんとご主人の、認知症と共に暮らす喜怒哀楽の人生にすこしでも寄り添い共に歩んでいけたらと思います。

はたおり
はたおり

もくじ(タイトルが記事にリンクしています。)

私が笑ったら夫も笑う
  向井千尋
12月の予定    
文化の祭典に出かけて   横山幹史
ふうわなくらし85   大月 傑

紙面は下の画像をクリックすると拡大してごらんいただけます。

ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ぜひご覧ください。

風和通信153号おもて面
クリックで拡大
風和通信153号うら面
クリックで拡大

風和通信153号PDF版
←クリックでダウンロード
Fpaper153.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1'023.5 KB
ささやま里ぐらしステイ

Twitter